フェレットの飼育費用はどれくらい?

フェレットの値段

フェレットの値段は、どの種類を購入するのかでも違ってきます。
およそ2万円から12万円ほどであり、ファームとカラーで値段は決まります。

比較的購入しやすい値段がカナディアンフェレットで、2万円前後となります。
続いて、パスバレーフェレットが3万円前後、マーシャルフェレットが5万円前後です。
ニュージーランドフェレットになると、7万円前後と高価な部類になります。
また、希少種であるアンゴラフェレットなどになりますと、10万円以上になるといわれています。

飼育するときに必要な費用

放し飼いするとしても、ケージは事故防止のために必ず必要です。
値段はピンからキリまでありますが、1万円前後はすると考えておきましょう。

そしてトイレ環境も大切ですね。
トイレ自体は1,000円くらいで用意できます。
また、フードを入れるための皿も1,000円くらいになります。
給水ボトルもぜひ用意したい品で、こちらも1,000円ほどで購入可能です。

さらにフェレットがくつろげる場として、ハンモックが2,000円ほど。
おもちゃは500円くらいからでペットショップなどで扱っています。

もしも一緒に外出するならば、キャリーバッグも欲しいところですね。
こちらは10,000円前後と考えておくと良いでしょう。
ハーネス・リードは2,000円くらいのものがあります。

健康管理のために、ペット用体重計として1,000円くらいからで購入できます。

フェレットの生活で月々必要な費用

・エサ

月々のエサは2,000円前後であり、種類により多少違いますが、それほど高くはないです。

・砂やシート

トイレに使う砂やシートは、月々1,000円ぐらいと、こちらもそれほど高くはないです。
砂は小さいと飲み込む危険もあるので、大きめの砂がおすすめです。

・電気代

飼育すると、室温を一定に保たないとならず、冷房や暖房は必要で、長い時間エアコンを使います。
エアコンを使った時の電気代として、月々1万円前後の費用がかかります。
一人暮らししている方であれば、一人で使う電気代よりもかかることは間違いないです。

医療費

フェレットの飼育費用の中でも、医療費は一番かかります。

・フェラリア予防

1ヶ月に1回薬を投与することとなり、月々1,000円ぐらいはかかります。

・ジステンバーワクチン

生後1年以内は2回か3回行い、その後年に1回行います。
1回につき、1万円前後はかかります。

・健康診断

病気にかかりやすい生き物と言われており、1年に1回は受けることをおすすめします。
体重測定、血液検査、耳ダニ検査などを行います。
1回につき、1万円前後はかかります。

・手術

腫瘍や癌になりやすい生き物であり、怪我をして手術することもあります。
たとえば、副腎腫瘍という病気になると、手術費用で20万円かかり、それにプラス通院費用もかかります。
さらに、購入時に去勢や避妊していないと、去勢・避妊手術として5万円前後かかります。
お金の事が心配な方は、フェレットを飼うときに、対応した動物保険に加入することをおすすめします。

フェレットの歴史

フェレットの歴史

フェレットはペットとしてとても人気が高い動物です。
また見た目も洗練されておりとても現代的なイメージがあります。
しかしその歴史は意外に古くて私たち人間の役に立って来ているのです。

フェレットの起源

フェレットとは野生で生きていたヨーロッパケナガイタチやステップケナガイタチなどのイタチ科の動物を家畜化して、その後改良したことにより現代の形になったといわれています。
詳細は不明ですが一説には3000年前から人間と一緒に暮らしている記しがあるそうです。

ヨーロッパでのフェレット

昔のヨーロッパでは狩りの時にフェレットを使っていたそうです。
フェレットがねずみやウサギを巣穴から引っ張り出したところを貴族が狩るとう仕組みです。
現在でも同様の手法で狩りをしているそうです。
配管の掃除などもブラシをつけたフェレットに潜らせて配管内を走り回らせて掃除をしていたそうです。
そして1908年ロンドンオリンピックの際に狭いところの配線工事ではフェレットに配線を引っ張らせて狭い場所に線を通していました。
そうして人間と近づくことでペット用に品種改良されて今では世界中でペットとして愛されています。
その他の国でのフェレット ヨーロッパで人気の出たフェレットが今度はアメリカ、カナダ、ニュージーランドで大人気となり大きなファームが建設され繁殖させることに成功しました。
そして最近では中国でもファームが建設され世界中がフェレットを買いに中国に行っています。

フェレット禁止の国

遠い昔から人間に愛されてきたフェレットですが現在でも飼育が禁止の国があります。
アイスランド、オーストラリア、アメリカの一部の州(カリフォルニ州やニューヨーク症など)では飼育が禁止されています。
これは万が一野生化した場合に地域に住み着いてしまうのを避ける為にこのような処置が取られています。
また、条件付で飼育が出来る国もありましてその中に日本も含まれています。
唯一北海道で飼う場合には知事の許可を得てからでないと飼育することはできません。
これは北海道の自然や生態系を守る為の処置です。
歴史的にみても野放しにして被害が出た国もあるそうです。
そこからみると北海道の処置も正しのかもしれません。

毛皮としてのフェレット

フェレットはその肌触りの良さから毛皮に大変人気があり、19世紀後半のアメリカ毛皮商人が材料としてのフェレットをスペインから大量に購入しました。
その結果アメリカには毛皮用のフェレット飼育(ファーム)が栄えました。

現在ではペットとしてかわいいフェレットですがここに至るまでには深い歴史があったのです。
今ペットとして飼えるのは様々な人が努力や飼育をやってきたおかげだと言う事です。

フェレットの毛色

フェレットの毛色

フェレットの魅力といえば多岐に渡るその美しい毛色です。
またその模様も様々で珍しいものにはうっとりさせられます。
その肌触りも心地よくてついつい触ってしまいます。
フェレットの毛は柔らかい毛(アンダーコート)と長い毛(オーバーコート)で構成されています。
この柔らかい毛は基本的に白に近い淡色で、長い毛が濃い色になりフェレットの毛色や模様を作っているのです。
ではどの様な毛色(カラーバリエーション)があるのでしょうか。

「セーブル」

一番多い毛色です。
濃い茶色が多く目の周りが黒色です。
手足や尾も黒色が多いです。
フェレットの先祖と言われているケナガイタチの色に近いそうです。

「ブラックセーブル」

セーブルよりも全体的に黒色に近い茶色で口の周りが白色です。
毛の密度も濃くてさわり心地がとても良いです。
「シナモン」 赤みが強く薄い茶色で覆われており毛には光沢があります。
長い毛の部分の先がシナモンの色をしています。
但し、成長するにつれて長い毛は濃い色になっていきます。

「ライトセーブル」

長い毛は濃い茶色で目の色が濃い茶色です。
セーブルよりは全体的に淡い色になっています。
「シャンパン」 長い毛は黄褐色でシャンパンのような色をしています。
別名「ピンクゴールド」や「ジンジャー」と呼ばれています。
「シルバー」 長い毛は黒と白が混ざったような色で、鼻は黒、茶色、ピンクなどがあり斑になる場合もあります。

「ライトシルバー」

シルバーよりも白の割合が多く、日光に当たるとより輝く銀色に見えます。
マーシャルファームでは「スターリングシルバー」と呼ばれています。

「シルバーミット」

シルバーにとても近い色で手足に手袋(ミット)をつけたような模様をしています。
全体的には黒と白が混ざっていますが手足の先は白色です。

「バタースコッチ」

長い毛が茶色からチョコレートのような色で全体的には黄色がかっています。
アメリカでは「チョコレート」とも呼ばれています。

「ホワイトファーブラックアイ」

長い毛、短い毛両方がほぼ白色です。
成長過程や季節の変化によって濃い色が出る事もありますが濃い色の割合が全体の10%以下でないと「ホワイトファーブラックアイ」とは呼ばれません。
とても希少価値が高くペットとしての価格はかなり高くなっています。

「ブレイズ」

頭の頂上から白いラインが入ったような模様をしています。 長い毛の色は特に指定がありません。

「パンダ」

これもパンダのような模様が入ったものです。
長い毛の色の指定はありません。

最後に
様々な種類の毛色があるのがフェレットの特徴でもあります。
一つ一つに個性があって本当に見ていて飽きることがありません。 自分好みの毛色を探してみるもの良いでしょう。