フェレットの耳掃除

フェレットの耳掃除

フェレットの耳掃除は2人1組で行うのが理想的です。
一人がフェレットの首の後ろの皮をもってあげます。
そうするとフェレットは脱力してくれます。
それから脇に挟んで抱っこしているような状態にします。

このときも首の後ろの皮を持ったままです。
もう一人はフェレットが固定されたらイヤークリーナーを数滴垂らします。
あまり多く入れすぎないことと、奥まで入っていかないように気をつけましょう。
イヤークリーナーを垂らして1分ほど経ったら耳を挟んで全体になじませます。
耳の汚れが浮いてきたら綿棒でやさしく拭き取ります。

奥まで入れすぎないことと強く拭いて傷つけないことに注意しましょう。
最後にイヤークリーナーの水分をきちんと拭いてあげて完了です。
途中で動いたり暴れたりする場合には「フェレットバイト」などの大好きな栄養剤を与えてあげればそちらに集中して一時は大人しくなります。

一人で耳掃除をする場合

一人で耳掃除をする場合には「フェレットバイト」をお腹に塗ってそれに集中している隙に行う方法があります。
このときには綿棒で行わずにティッシュなどでイヤークリーナーを拭き取る感覚でも良いでしょう。
あまり奥の方まで綿棒を入れると動き出したときに傷つけるか可能性があります。
それと寝ている時間を利用しての耳掃除も可能です。
ただしこの場合も綿棒を使用するよりはティッシュなどで拭き取る程度が良いでしょう。

耳掃除の道具

「グッドリッチ イヤーパウダー」
ジメジメした湿った耳垢を取り除く場合にはこのイヤーパウダーを使用して素早く乾燥させると汚れを取りやすくなります。
配合されている成分には皮膚アレルギーの改善効果もありフェレットの耳掃除には重宝します。

「グッドリッチ イヤークリーナー」 フェレット耳掃除の定番グッズです。
これと小さい綿棒をそろえる事から耳掃除が始まります。
手軽に扱うことができて除菌効果まであります。
4~5滴垂らして耳をもむと汚れが浮き上がってきますのでそれを綿棒できれいに拭いてあげます。

「イヤースポット フェレット用 MR-363マルカン」
イヤークリーナーの一種でフェレットの愛好家にはとても人気が高いグッズです。

最後に
フェレットの耳掃除は病気予防の観点からとても大事です。
マラセチアというカビが耳垢に付いてしまうと強烈なかゆみと悪臭が出てきます。
そうなるとフェレットにはとてもストレスになりますし、睡眠時にもかゆみが出て眠れなくなります。
飼主がきちんとケアをしてあげることで病気の心配がなくなります。
二人一組で無いと中々大変ですがフェレット自身では耳掃除を行うことは出来ません。
親切でしてあげるのにフェレットは耳掃除を嫌がります。
たっぷりの愛情で耳のケアをしてあげましょう。