フェレットの歯磨き

フェレットの歯磨き

36fd7ee6dcdcdfda1069d09cad4479bc_sフェレットの歯磨きというのは通常飼っているだけではあまり気にしません。
でも人間と同じできちんとケアすることで虫歯を予防することができます。
当然、飼主がケアをしてあげないとフェレット自身では虫歯予防はできません。

人間と違い少しずつの食事を何回も行うフェレットは口内に食べ物が残っていることが多いのです。
したがって歯垢が付きやすくなりその結果虫歯になる確率も高くなるのです。
では、どのようなケアの方法があるのでしょうか。
その一端を取り上げてみましょう。

虫歯になりにくい食べ物

まず、歯磨きの前にそもそも歯垢が付きにくい食べ物を選択しましょう。
もちろん歯垢が付きにくい食べ物でもフェレット自身が食べてくれなければ本末転倒になってしまいますのでそこには充分注意しましょう。
ペットショップで売られているフェレットのエサには大きく分けて2種類あります。
一つはウェットフードで水分を含んでいるエサです。

もう一つはドライフードで水分を含んでいないエサになります。
ドライフードを多く与えていると食べ物が歯に付着する量が減り、エサを食べるときに歯垢が取れたりして虫歯になる確率が低くなります。
そしておやつを与えるときにもあまり味の濃いものを与えない方が虫歯になりにくくなります。
得に人間が食べられるおやつなどは人間用に味が濃くなっていますので充分注意しましょう。

便利なグッズ

フェレットの歯磨きと言っても人間と同じように歯ブラシで磨くのはあまり現実的ではありません。
そこでフェレット自身で歯磨きができたり飼主が簡単にケアできたりする便利グッズをそろえてみましょう。

 

「ロープトイ&へちまトイ」
その名のとおりロープとへちまで出来たおもちゃです。
ロープで人形や果物の形を作っており、好奇心旺盛なフェレットならガジガジ噛みながら遊んでくれます。
へちまトイはへちまで動物や植物の形を作っておりやはりガジガジ噛んでくれれば自然に歯磨きができます。
慣れない内はあまり近づかないかもしれませんが怖くないことを教えてあげればすぐに噛み付いてくれます。

「ラバートイ」
ゴムでできたボール上のおもちゃで噛み付きやすく作られていますし転がすだけで面白いので普通のおもちゃプラス歯磨き用としてゲージの中に入れておいてもよいでしょう。

「リーバⅢ」
フェレットのみならず他のペットにも使われている歯磨きスプレーです。
虫歯予防や歯垢の除去に効果的です。
1日2回ほど口内に吹きかけてあげると歯垢が取れていく商品です。
但し、個人差もありますので副作用などには充分注意しましょう。

最後に
フェレットの歯磨きには食事のケア、歯磨きグッズ、スプレーなど様々なものがあります。
自分のフェレットに一番合うものを探し出して正しく与えましょう。