留守の時って何をしているのだろう。

一人の時のフェレット

ちょっと以前から気になっていたことがありますそれは家のフェレットたちは私が普段いないとき、留守をしているときに何をしているのだろう。
こんな疑問を友人にぼやいたことがあります。
そうしたら友人が、今度、webカメラを貸してあげるからネット越しに覗いてみたら?という提案。
でも、設定とか面倒そうだしと言っていたら、友人がお休みの時に、家に遊びに来て設定をしてくれることになっりました。
そしてお休みの時、友人が家に来て、webカメラとjustin.tvというサイトを利用しての中継設定などをしてくれました。

一応、私だけしか見れないような設定もしてくれたので何か安心です。
これでカメラをフェレのケージに向けておけばお留守番中のことがよくわかるということです。
一週間ぐらいかりることができましてお休み明け、仕事に行く前にカメラをセット、確認してみると、家のフェレットが映っている。
大丈夫です、これで出かけますし通勤の時にたまに見てみたのですが、水を飲んだり、ケージに入っているおもちゃと取っ組み合いをしているチョビ、ちょーさんは動きがないので早くも寝ている模様です。

ガジラはいきなりハンモックから飛び起きて体を掻いていますしかゆいんでしょうか。
ぽんはなんかちょろちょろ動いていますが意味不明。
そして午前中の休憩の時、見てみると、見事に全員、寝ている。
つまり、画面に動きが全くないちょっとは誰か動いてもよいのでは?・・・・。
動かない、日中はこんなに動いていないもんなのか。

お休みの時なんかは部屋の中で日中でも結構、好き勝手に遊んでいるのですが、見事にハンモックが4つ映っているだけ。たまに手が出たり足が出たりと、ちょっとシンクロナイズドな感じです。
昼休み、見てみるとやっぱり動いていない。見事なまでに動いていない。
こんな動かないやつらのために友人はwebカメラをわざわざ貸して設定までしてくれたのかと思うと何だか申し訳ないぐらい動いていない。
昼休みにそのことを友人に報告、フェレットは留守中、見事に動かないと報告です。
友人もえ、そうなの?とちょっと固まってました。

観察結果

夕方になると、ポンがたまに起きてにょろにょろ何か意味不明な動きをしているという感じ。
そして夜の7時ごろに帰宅なのですが、駅から自宅まで、所々カメラをチェックしてみました。
駅から歩いている途中に丁度やつらは起き始め、あくびをしたり伸びをしたり、という感じです。
マンションの入り口あたりでは何か野生の感があるのでしょうか、4匹ともせわしなくウロウロしている感じです。
こんな感じで思ったよりも動きのない1日を観察した私です。

その後、一週間、観察してみましたが、毎日、同じ状態の繰り返しといった感じで、寝て、おきて、ご飯食べて、お水飲んで、寝る。みたいな繰り返しということがよくわかりました。
友人にも何だか申し訳ないなと思いつつ、webカメラの回収をしてもらったのですが、友人からしたら、このフェレたちはうれしそうに遊んでくれるから結構好き。
と気に入ってくれたようなのでよかったと思いました。
せっかくなので、思う存分、遊んでフェレットを満喫していただきました。

うちのフェレットを紹介します

フェレットを飼いはじめてから10年以上経ちます。
今までに6匹、飼って来ましたが、今は4匹、うちの家族として一緒に生活しています。

まず一匹目はちょーさん。
ホワイトファーブラックアイのオスです。
もう、8年ほど一緒に生活しています。
この子との出会いは、当時、よく利用していたペットショップでぽつんと売られていました。あんまりに長くいるので、店員に聞いてみると常連さんということで安く売りますよ。と言ってくれました。
はじめ、悩んだんですが、ちょっと気になってしまったので、2日後に家の子として仲間入りすることになりました。

もう一匹、先住のポンがいました。
ポンはうちに9年いる先輩、メスです。
この子はミューターフェレットで最初、かなり強暴だったのですが、さすがに年齢の都合でしょうか。
落ち着いてきました。
ポンは人間との遊びでは飽き足らなかったようでちょーさんが来てからは何かうれしそうに暴れていました。

そして、暫くしてチョビさんが家に来ます。メスです。
6年ほど一緒に住んでいます。
チョビさんが家に来た理由は、以前、飼っている飼い主が引越しの都合でということでペット屋さんにだれか別の飼い主を見つけてくれと持ってきたそうです。
ちょっとこういうのは私にとっては嫌だなと思ったのですが、数ヶ月しても新たな飼い主が見つからない状態だったので、家に来ることになりました。
チョビが来ると、ポンとちょーさんはうれしそうにまた毎日、暴れるようになります。

そしてその2ヵ月後、家にガジラが来ます。
ガジラはオス、チョビさんと同じぐらいの年齢です。
ガジラも飼い主の都合でペットやに連れてこられた子です。
他のペットやさんで購入したガジラ、よく見るとちょっと見た目に欠陥があったというだけで連れてこられてしまったという子です。
何ということだ。
と思いつつ、触ってみたら思いっきり噛んできて、うちの子になりました。

どんなきっかけで仲間が増えるかわかったもんじゃありません。
4匹になるとすごくみんな楽しそうに毎日、遊んでいます。
ガジラもあの最初の出会いの時に噛み付いたぐらいで、後は特に噛み付いたりもしてきません。
多分、みんなと遊んで暴れている分、疲れて寝ているという感じでしょうか。既に、最初に飼っていた2匹は既に年でいなくなってしまっていますが、今はこの4匹と一緒に生活をしています。

フェレットと一緒に生活していると、あの長い可愛い物体が目の前で楽しそうに遊んでいる。
そんな光景を見つつ、癒されながら生活しているという感じなので、やはり、動物がもたらすセラピー効果って絶大だなと思います。

一緒に生活するには世話がそれなりに大変ということもありますが、結構、可愛いです。
フェレットと生活するようになって長い分、逆に考えるとフェレットとの生活が当たり前と感じるようになっているので、これからもずっとフェレットと生活するんだろうなと思っています。