フェレットの歴史

フェレットの歴史

フェレットはペットとしてとても人気が高い動物です。
また見た目も洗練されておりとても現代的なイメージがあります。
しかしその歴史は意外に古くて私たち人間の役に立って来ているのです。

フェレットの起源

フェレットとは野生で生きていたヨーロッパケナガイタチやステップケナガイタチなどのイタチ科の動物を家畜化して、その後改良したことにより現代の形になったといわれています。
詳細は不明ですが一説には3000年前から人間と一緒に暮らしている記しがあるそうです。

ヨーロッパでのフェレット

昔のヨーロッパでは狩りの時にフェレットを使っていたそうです。
フェレットがねずみやウサギを巣穴から引っ張り出したところを貴族が狩るとう仕組みです。
現在でも同様の手法で狩りをしているそうです。
配管の掃除などもブラシをつけたフェレットに潜らせて配管内を走り回らせて掃除をしていたそうです。
そして1908年ロンドンオリンピックの際に狭いところの配線工事ではフェレットに配線を引っ張らせて狭い場所に線を通していました。
そうして人間と近づくことでペット用に品種改良されて今では世界中でペットとして愛されています。
その他の国でのフェレット ヨーロッパで人気の出たフェレットが今度はアメリカ、カナダ、ニュージーランドで大人気となり大きなファームが建設され繁殖させることに成功しました。
そして最近では中国でもファームが建設され世界中がフェレットを買いに中国に行っています。

フェレット禁止の国

遠い昔から人間に愛されてきたフェレットですが現在でも飼育が禁止の国があります。
アイスランド、オーストラリア、アメリカの一部の州(カリフォルニ州やニューヨーク症など)では飼育が禁止されています。
これは万が一野生化した場合に地域に住み着いてしまうのを避ける為にこのような処置が取られています。
また、条件付で飼育が出来る国もありましてその中に日本も含まれています。
唯一北海道で飼う場合には知事の許可を得てからでないと飼育することはできません。
これは北海道の自然や生態系を守る為の処置です。
歴史的にみても野放しにして被害が出た国もあるそうです。
そこからみると北海道の処置も正しのかもしれません。

毛皮としてのフェレット

フェレットはその肌触りの良さから毛皮に大変人気があり、19世紀後半のアメリカ毛皮商人が材料としてのフェレットをスペインから大量に購入しました。
その結果アメリカには毛皮用のフェレット飼育(ファーム)が栄えました。

現在ではペットとしてかわいいフェレットですがここに至るまでには深い歴史があったのです。
今ペットとして飼えるのは様々な人が努力や飼育をやってきたおかげだと言う事です。