フェレットの毛色

フェレットの毛色

フェレットの魅力といえば多岐に渡るその美しい毛色です。
またその模様も様々で珍しいものにはうっとりさせられます。
その肌触りも心地よくてついつい触ってしまいます。
フェレットの毛は柔らかい毛(アンダーコート)と長い毛(オーバーコート)で構成されています。
この柔らかい毛は基本的に白に近い淡色で、長い毛が濃い色になりフェレットの毛色や模様を作っているのです。
ではどの様な毛色(カラーバリエーション)があるのでしょうか。

「セーブル」

一番多い毛色です。
濃い茶色が多く目の周りが黒色です。
手足や尾も黒色が多いです。
フェレットの先祖と言われているケナガイタチの色に近いそうです。

「ブラックセーブル」

セーブルよりも全体的に黒色に近い茶色で口の周りが白色です。
毛の密度も濃くてさわり心地がとても良いです。
「シナモン」 赤みが強く薄い茶色で覆われており毛には光沢があります。
長い毛の部分の先がシナモンの色をしています。
但し、成長するにつれて長い毛は濃い色になっていきます。

「ライトセーブル」

長い毛は濃い茶色で目の色が濃い茶色です。
セーブルよりは全体的に淡い色になっています。
「シャンパン」 長い毛は黄褐色でシャンパンのような色をしています。
別名「ピンクゴールド」や「ジンジャー」と呼ばれています。
「シルバー」 長い毛は黒と白が混ざったような色で、鼻は黒、茶色、ピンクなどがあり斑になる場合もあります。

「ライトシルバー」

シルバーよりも白の割合が多く、日光に当たるとより輝く銀色に見えます。
マーシャルファームでは「スターリングシルバー」と呼ばれています。

「シルバーミット」

シルバーにとても近い色で手足に手袋(ミット)をつけたような模様をしています。
全体的には黒と白が混ざっていますが手足の先は白色です。

「バタースコッチ」

長い毛が茶色からチョコレートのような色で全体的には黄色がかっています。
アメリカでは「チョコレート」とも呼ばれています。

「ホワイトファーブラックアイ」

長い毛、短い毛両方がほぼ白色です。
成長過程や季節の変化によって濃い色が出る事もありますが濃い色の割合が全体の10%以下でないと「ホワイトファーブラックアイ」とは呼ばれません。
とても希少価値が高くペットとしての価格はかなり高くなっています。

「ブレイズ」

頭の頂上から白いラインが入ったような模様をしています。 長い毛の色は特に指定がありません。

「パンダ」

これもパンダのような模様が入ったものです。
長い毛の色の指定はありません。

最後に
様々な種類の毛色があるのがフェレットの特徴でもあります。
一つ一つに個性があって本当に見ていて飽きることがありません。 自分好みの毛色を探してみるもの良いでしょう。