フェレットの特徴

フェレットの生活リズム

フェレットには様々な特徴があるので、飼う前に知っておきましょう。
まずはフェレットの生活リズムについてです。
実はフェレットは、人間の生活に合わせて過ごすことができるのです。
本来ならばフェレットは夜行性ですが、早起きならばきちんと早起きをし、早寝なら早寝をします。
次に性格についてです。

若いころのフェレットの性格は少し攻撃的ですが、根は大人しいところもあるので甘えん坊だったりもします。
そして、人間との触れ合いを欲します。
きちんと愛情をもってハグしてあげることで、他のペットと同様にとても可愛い家族になることができるのです。
またフェレットは冒険好きないたずらっ子なので、あちこちを探検したり散策したりして遊びまわります。
まるで人間の子どものような愛くるしい動物です。

そして、意外に力がありますので、壊れやすいものは近づけない方が良いでしょう。
他にも、好奇心旺盛なので何にでも興味を示します。
ですが壊してしまう可能性もありますので注意してください。
飼い主の工夫によっては、様々な芸などを覚えさせることが可能です。
鳴き声はどちらかというと小さいので、ご近所には迷惑になりませんが、ペット臭には気を付けましょう。

フェレットの声

フェレットの喜怒哀楽は声に現れます。
ですので、機嫌が悪い時と良い時の差を理解してあげましょう。
機嫌が悪い時に刺激すると、身を守るためにスカンクのような悪臭を放つといわれています。
そのような事がないように、声で判断して機嫌の良い時にコミュニケーションをとりましょう。
またフェレットはきちんと躾を行えば、トイレの場所を覚えます。
これは犬と同じですね。

最後に生活する上での特徴です。
フェレットが適温と感じる温度は15度から22度といわれていますが、一般家庭では普段生活していてベストな室温で十分です。
ただ、夏場は28度を超えると具合が悪くなる恐れがあります。
何故なら、フェレットには汗腺がないため高温が苦手だからです。
他にも、実際に飼う時はアレルギーの検査や予防注射を必ず受けて下さい。

フィラリアやジステンバーにかからないように用心するためです。
食べ物に関しては、チョコレートや玉ねぎが入った食事、コーヒー、お茶などを与えてはいけません。
中毒症状を起こす危険性があります。
か弱い小動物なので、最悪の場合亡くなってしまう恐れもあるのです。
以上のことを頭に入れて、フェレットを飼う時は大切に接してあげましょう。