フェレットのファーム

フェレットのファーム

フェレットのファームとは繁殖場の事です。
現在日本に輸入されているほぼ全ては去勢や避妊手術を受けています。
その理由は野生化を防止することや、混血を避ける為、ファームの利益を確保する為など様々です。
一言でファームと言っても様々な特徴や特色があり上級者にはここのファームのフェレットしか飼わないという人までいます。
また、フェレットの種類の名前には各ファームの名前がつけられているほどです。
では世界にはどのようなファームが存在しどの様な特徴があるのでしょうか。

「マーシャル」 現在国内に入ってくる中で一番多いのがマーシャルファームのフェレットだといわれています。
アメリカのニューヨーク州に存在し広大な敷地でフェレットの繁殖をしています。
比較的に穏やかで優しい性格のフェレットが多いです。
サイズも小さいものが多く初心者には最適です。
マーシャルフェレットは耳に二ヶ所刺青をしておりそれぞれ臭腺除去と去勢、避妊済みの証明のためです。
そして体にはマイクロチップが埋め込まれているので万が一のときに個体の識別が可能です。 世界的にみても最も人気が高いファームのひとつです。

「パスバレー」

マーシャルの次に人気が高いと言われているのがパスバレーです。
アメリカのペンシルバニア州にあります。
サイズとしては小さ目が多くカラーバリエーションが豊富なのが特徴です。
ただし、小さいときに若干の噛み癖がある種類が多いです。 体が丈夫で健康的な個体が多いことが人気の理由です。

「マウンテンビュー」

アメリカのニューヨーク州にあります。
耳にマウンテンビュー出身を表す刺青があります。 大きくなる個体が多くて顔が丸いのが特徴です。
噛み癖もほとんどありません。
ただし、現在の日本では中々手に入りません。

「ルビー」

アメリカのアイオワ州にあります。
もともとは、アライグマやスカンクの繁殖をしていたファームです。
その歴史は60年以上です。
カラーバリエーションが多く毛並みの良いフェレットが多いのが特徴です。
日本ではほとんど見かけません。

「カナディアン」

カナダのバンクーバーにあります。
がっちりとしたフェレットが多く耳にはカナディアン出身の刺青があります。

「ミスティック」

ニュージーランドの北島にあります。
体が大きくなる個体が多くお腹にミスティックの刺青があります。
大きくなる個体が多いです。

最後に
フェレットはそのファームごとにカラーや性格に特徴が出ます。
色々なファームのフェレットを見てみて自分にあったファームのフェレットを選んでみるのも良いでしょう。
これ以上にもっと沢山のファームがありますので色々勉強してみるのも悪くありません。