ルビーフェレットってどんな特徴があるの?

ルビーファーム原産のフェレット

アメリカにあるルビーファームで繁殖されているフェレットです。
元々ペット用ではなく毛皮用として繁殖していましたが、現在はペット用としても繁殖されています。
個人ブリーダーが繁殖を行っており、パスバレーフェレットを元にしているので、性格など似た部分があります。

日本ではほとんど見かけることのないフェレットであり、マイナーです。
毛並みが良いなど、このフェレットにしかない特徴もあり、流通する数は少ないので、値段は高いです。
日本でもこの種類のフェレットを見つけるのは、難しいでしょう。

おとなしい性格の個体が多いと言われていますが、元は毛皮用なので、かみ癖のある個体が多いです。
かみ癖のある個体が多いので、初心者向きではないと言われています。
丸い顔が特徴的であり、子供のころから体つきはしっかりとしています。

病気に強い

パスバレーフェレットと似ており、体つきはしっかりとしており、病気に強いと言われています。
ただどの個体についても、他の種類と同じく、4歳を超えると病気を発症しやすくなり、病気には注意しましょう。
毛皮用に繁殖していたこともあり、毛並みは良く、とても綺麗な体をしています。
さわってもとてもさわり心地の良いフェレットです。

面白いのは、その年ごとによって、体の大きさが違うという事です。
ある年に生まれた個体は体の大きなフェレットが多い、逆に小柄なフェレットが多くなるなど、年によって傾向があり、体の大きさは一定ではありません。
体重としては、0.8kgから1.5kgぐらいと、他のフェレットと同じぐらいです。

値段が高い

流通する数が少ないために、販売価格は高く、6万円から8万円ぐらいします。
毛色によっては、10万円を超える個体もおり、繁殖ファームのあるアメリカでもそれほど有名ではなく、日本にも安定して輸入はされていません。
初心者にも飼いにくいということもあり、初めてフェレットを飼う方が、無理にこのフェレットを見つける必要もないでしょう。

流通数は少ないですが、毛色の種類が多く、個体によって違いがあり、それも1つの特徴となってます。
セーブル、シルバー、シナモン、アルビノなどいくつも毛色があり、いくもの個体が配合されているので、名前のない毛色になることもあります。
個性的な毛の色も、このフェレットの特徴であり、魅力の1つと言えるでしょう。

もしもどうしても飼いたいので購入したいとなると、フェレットを扱っている専門店を探すか、そのようなお店で予約することになります。
予約すれば、入荷したときに連絡してくれて、飼うことが出来ます。
飼う場合は、飼い方やエサは、他のフェレットとさほど違いはありません。