パスバレーフェレット

国内で高い人気を誇るパスバレーフェレット

「パスバレー」は米国東海岸部のペンシルバニアにあるファーム名で、50年近くの歴史を持ち、また最大の規模を誇るファームです。
この種類は、マーシャルフェレットよりも体格が一回りほど大きく毛色の種類が多彩です。

丸顔とガッチリした体型が印象的で、マーシャルに次ぎ、日本で2番目に高い人気を誇るフェレットです。
成体の標準的な体長は雄が40cm前後、雌が35cm前後、体重は雄が1.2~2kg、雌が1kg程度です。
丈夫で病気にかかりにくく、長寿なフェレットと言われ、海外では13年の生涯を元気に生きたとの報告もあります。

性格は遊びが大好きのヤンチャ坊主ですが、噛み癖の無いマーシャルに比較すれば若干噛みぐせが目立ち、この点は注意を要します。
マーシャルに比べれば噛み癖が目立つとはいえ、その他のフェレットと比較すれば、噛み癖が少ないと言えます。
噛み癖が目立つのは赤ちゃんから幼児の時期で、比較的穏やかでおとなしい性格ですので、しつけをすれば、初めてフェレットを飼う方でも容易に飼うことが可能な種類です。

フェレットは全体的に愛玩動物としての歴史は短く、性格的に気性が荒い個体も多いです。
そのような状況下、パスバレーフェレットは飼いやすい種類といえるのです。

フェレットの食事

初めてフェレットを飼う方は食事の与え方に戸惑うかもしれませんが、近年、フェレットをペットとする人の増加に伴い、フェレットフード等、専門のエサが売られるようになってきました。

フェレットは肉食動物なので動物性蛋白質が必須です。
肉類は脂肪分の少ない鳥の肉が適しています。
鳥肉は高蛋白でフェレットの健康維持に効果があります。

また、代用のペット用フードを利用する場合は、犬用ではなく、キャットフードを利用します。
キャットフードはフェレットが必要とする栄養を含有しているので使えますが、犬は雑食であるため、ドッグフードは使えないのです。

パスバレーフェレットの値段は5万円前後

パスバレーフェレットはショップにもよりますが、5万円程度で売られていることが多いようです。
国内でも人気があり多く飼われる種類なので、多くのペットショップで購入が可能となっています。

パスバレーフェレットの上手な飼い方

フェレットは子供時代に噛み癖がある個体が多いため、この時代のしつけは大切です。
この時期に根気良くしつけをしておかないと、大人になってからでは難しいのです。

パスバレーは、やんちゃなところが可愛く、優等生ではないのですが、フェレットらしい性格ですので、相性を見極めたうえで家族に迎え入れると楽しく暮らせるはずです。
ときには噛み付かれて痛い思いをすることもありますが、振り返ればそれも子供時代の懐かしい思い出になってくれるに違いありません。