ミスティックフェレットってどんな特徴があるの?

ニュージーランド原産のフェレット

ミスティックフェレットは、ニュージーランド原産であり、体のサイズは多い個体が多いです。
もともとニュージーランドフェレットと呼ばれていましたが、北島原産のフェレットを区別して、ミスティックフェレットと呼ぶようになります。

体重は1kg以上になる個体が多く、かみ癖を持っていることも多いです。
かみ癖を持っていたとしても、しつけによって改善することも出来ます。
しつけによって改善できる程度のかみ癖なので、それほ酷くはありません。

ミスティック出身のフェレットには、おなかにファームの入れ墨が入っています。
このために、おなかの入れ墨を見ると、すぐにミスティックフェレットだとわかります。
入れ墨はイニシャルが入っているように見える場合があり、海外ではこのイニシャルが自分の名前と同じだと、運命的に感じて、購入する方もいます。
カラーの種類が少ないですが、最近は少しずつ新しいカラーの個体も登場しています。

エサについて

肉食の生き物であり、食べ物は3時間程度で消化できます。
動物性タンパク質を消化できる短い腸を持っており、繊維質は消化できません。
1kgの体重であれば、1日300kcalを目安として、エサを与えますが、カロリーオーバーになると肥満の原因となるので、エサの与えすぎは良くありません。

肉食ですが、人間が食べるような食べ物を与えると、すぐに糖尿病などになってしまい、エサの種類にも注意しましょう。
また1度に必要カロリー分を一気に与えることはせず、1日10回以上に分けて、エサを与えます。
常に新鮮なエサを用意しておくと良いでしょう。
フェレット用の人工のエサを与えることが多いですが、脂質も必要とするので、バナナなどを与えるようにしましょう。

体の小さな生き物ですが、水は沢山飲みます。
いつでも新鮮な水が飲めるように、給水ボトルには、いつも新しい水を入れてあげましょう。
1日100mlぐらいは、水を飲めるようにしてあげます。

栄養を考える

フェレット用のエサやバナナだと問題ないですが、人間と同じような食べ物を与えるときは気をつけないといけません。
脂溶性のビタミンは、取り込むとうまく排出出来ずに、中毒を引き起こすことがあり、注意しましょう。
特にペット用サプリメントを与えるときは、体質に合わないなどおあり、体調に変化があれば、それ以降は与えず、獣医に診せた方が良いでしょう。

エサの栄養バランスを考える必要もあり、ビタミンAをとりすぎると、脱毛、食欲不振、体重減少などの症状が現れることもあり、また成長が止まることもあります。
与えても良いというような食べ物だけを与えて、その量にも気をつけましょう。