アンゴラフェレット

やんちゃで遊び大好きマイペースな性格

他の種類と比較した場合、多くの個体は気性が荒いと言われることもありますが、見方を変えれば、フェレットの中でも特に場の空気を読まず、マイペースな種類です。

自分が元気いっぱいに楽しく遊んでいるときは、周囲のフェレットたちが眠くても、寝ていても平気でその上を踏み超えていきます。
噛み癖が強いのが難点で、きちんとしたしつけが大切ですが、これがなくなれば、一緒に楽しく遊んでくれます。
ただ、噛み癖を治すには、きちんとしたしつけが必要なので、初めて飼う方には少しハードルが高いでしょう。

アンゴラフェレットの特徴

ガッチリとした大きな骨格を持ち、大きな体をしており、標準的な成体の体重は1kg~2kgとされますが、オスとメスの体格差が大きくオスは2kg近く、雌は1kg程度のものが多いようです。
毛の長さは、短毛種もいますが長毛種がアンゴラフェレットの特徴で、長くて柔らかいモフモフ・フワフワの毛が気持ちいいですよ。

また、体が大きいと言っても、カナディアン種に比べ、筋肉質ではなくフワフワ・ぷよぷよした体質なので、長くてフワフワな毛と合わせ、とても触り心地の良いフェレットです。

突然変異で生まれ、種が固定化されたアンゴラフェレットはまだ数が少ない希少種なので価格は高めです。
そのため、フェレットファンあこがれの的となっている人気のフェレットです。

アンゴラフェレットの毛足の長さ

①ロングは、長毛でフワフワ・モフモフの手触りの良いフェレットで、通常アンゴラといえばロング種を指します。
他種類の個体に比べると一目瞭然です。
また、毛の長さのみならず、鼻の形が異なり、セミロング、ショートの毛足の種類と違い、鼻毛も生えています。

②セミロングでも一般的なフェレットと比較すれば、被毛はずいぶん長めです。
まれにアンゴラのロング種と見分けがつかない場合もありますが、ロング種のように特殊な鼻の形をしていません。

③ショートでも一般的なフェレットと被毛の長さは同じです。
ロング種とセミロング種との区別を明確にする目的でショートという名称を用いています。

値段は、被毛の長さによって異なり、ショート種は5万円程度で買えますが、セミロング、ロングと被毛が長くなるにつれ人気度も高く、従って価格も高くなります。
セミロング種の中にもロング種とは鼻の形が異なるだけで長毛の個体もおり、ロング種に比べれば低価格なため、ねらい目と言えるかもしれません。

アンゴラロングの上手な飼い方

ロング種の魅力はフワフワ・モフモフの長毛で、寒い時期に触れ合うととても温かく気持ちが良いです。
しかし、長毛のフェレットにとっては、その被毛が立派な防寒仕様になっているため、冬場に暖房具の使用し過ぎで部屋を暖めすぎるとフェレットにとっては暑すぎる室温になりますので注意しましょう。