ニュージーランドフェレット

ニュージーランドフェレットの特徴

他種に比べると大柄なフェレットで、雄の大きなものでは体重が2000gを超えるほど成長します。
他の種類の小さなフェレットの2倍程の大きさまで成長することもあるそうで、驚きです。
毛色のバリエーションは多くありません。

特有の「丸顔」と「眼の周囲を囲む黒いパンダ模様」が印象的な可愛らしい顔が特徴で人気のフェレットです。
ただし、やや凶暴な面があり、噛み癖が強く、また体型も大きく力も強いため、初めてフェレットを飼う方には不向きです。

ウサギの天敵として持ち込まれた

この種類は、一番野生に近いと言われる種類ですが、実はその理由には人の手が関わっています。
19世紀の後半、当時英国領だったニュージーランドの地に、約5000匹近くのフェレットが放されました。
この目的は、入植者がニュージーランドに持ち込んだウサギが急激に増えたことと、農作物を食べるネズミが多数いたため、それらを駆除するために、天敵であるフェレットを放ったのです。

この時、フェレットは主に英国と欧州から集められ、出荷されたようです。
ですがフェレットは野生では生存できないことが知られていました。
そこで、ニュージーランドで放す際には、フェレットとケナガイタチを交雑させたミックス種を多く使うこととされました。
船で欧州から連れていく数か月の旅の船中で交雑させ、頭数を増やしました。

ニュージーランドフェレットと呼ばれるこの交雑種はより交雑相手が野生種に近いため、野性味に溢れていると言われるのです。
いわば、人工的に一旦野生種を家畜化したものを、野生でも生き延びることができるように再び人工的に野生化させた種なのです。

交雑相手のケナガイタチとフェレットの違い

ケナガイタチは生まれ持った本能でハンティングをしますが、家畜化が図られたフェレットは、本能的にエサを得るためのハンティングはしません。
兎狩りで活躍するフェレットも兎を捕まえ殺す仕事はできません。
フェレットの仕事は、兎の穴にもぐり兎を追い出し、出口の網に追い込むことです。

豪州では生き残れなかったがニュージーランドでは増えすぎた

ニュージーランドと同じ頃、豪州大陸でも同様の目的でフェレットが放されました。
しかし、気候風土の違いや鷹などの肉食動物の存在で、豪州大陸ではフェレットは野生では生きのびることができませんでした。

一方、ニュージーランドは気候風土が適していたこと、兎より容易に捕まえることが可能なキウイ等の鳥類が多数存在したこと、天敵となる動物が存在しないことから数を増やしました。
現在では100万匹にも及ぶニュージーランドフェレットがいるのではないかと言われます。
増加しすぎたフェレットの生態系への影響・被害は深刻で、一部地区以外では害獣として駆除されるほどです。
さらに、これ以上繁殖しないよう自由な飼育は禁止されます。

パスバレーフェレット

国内で高い人気を誇るパスバレーフェレット

「パスバレー」は米国東海岸部のペンシルバニアにあるファーム名で、50年近くの歴史を持ち、また最大の規模を誇るファームです。
この種類は、マーシャルフェレットよりも体格が一回りほど大きく毛色の種類が多彩です。

丸顔とガッチリした体型が印象的で、マーシャルに次ぎ、日本で2番目に高い人気を誇るフェレットです。
成体の標準的な体長は雄が40cm前後、雌が35cm前後、体重は雄が1.2~2kg、雌が1kg程度です。
丈夫で病気にかかりにくく、長寿なフェレットと言われ、海外では13年の生涯を元気に生きたとの報告もあります。

性格は遊びが大好きのヤンチャ坊主ですが、噛み癖の無いマーシャルに比較すれば若干噛みぐせが目立ち、この点は注意を要します。
マーシャルに比べれば噛み癖が目立つとはいえ、その他のフェレットと比較すれば、噛み癖が少ないと言えます。
噛み癖が目立つのは赤ちゃんから幼児の時期で、比較的穏やかでおとなしい性格ですので、しつけをすれば、初めてフェレットを飼う方でも容易に飼うことが可能な種類です。

フェレットは全体的に愛玩動物としての歴史は短く、性格的に気性が荒い個体も多いです。
そのような状況下、パスバレーフェレットは飼いやすい種類といえるのです。

フェレットの食事

初めてフェレットを飼う方は食事の与え方に戸惑うかもしれませんが、近年、フェレットをペットとする人の増加に伴い、フェレットフード等、専門のエサが売られるようになってきました。

フェレットは肉食動物なので動物性蛋白質が必須です。
肉類は脂肪分の少ない鳥の肉が適しています。
鳥肉は高蛋白でフェレットの健康維持に効果があります。

また、代用のペット用フードを利用する場合は、犬用ではなく、キャットフードを利用します。
キャットフードはフェレットが必要とする栄養を含有しているので使えますが、犬は雑食であるため、ドッグフードは使えないのです。

パスバレーフェレットの値段は5万円前後

パスバレーフェレットはショップにもよりますが、5万円程度で売られていることが多いようです。
国内でも人気があり多く飼われる種類なので、多くのペットショップで購入が可能となっています。

パスバレーフェレットの上手な飼い方

フェレットは子供時代に噛み癖がある個体が多いため、この時代のしつけは大切です。
この時期に根気良くしつけをしておかないと、大人になってからでは難しいのです。

パスバレーは、やんちゃなところが可愛く、優等生ではないのですが、フェレットらしい性格ですので、相性を見極めたうえで家族に迎え入れると楽しく暮らせるはずです。
ときには噛み付かれて痛い思いをすることもありますが、振り返ればそれも子供時代の懐かしい思い出になってくれるに違いありません。

アンゴラフェレット

やんちゃで遊び大好きマイペースな性格

他の種類と比較した場合、多くの個体は気性が荒いと言われることもありますが、見方を変えれば、フェレットの中でも特に場の空気を読まず、マイペースな種類です。

自分が元気いっぱいに楽しく遊んでいるときは、周囲のフェレットたちが眠くても、寝ていても平気でその上を踏み超えていきます。
噛み癖が強いのが難点で、きちんとしたしつけが大切ですが、これがなくなれば、一緒に楽しく遊んでくれます。
ただ、噛み癖を治すには、きちんとしたしつけが必要なので、初めて飼う方には少しハードルが高いでしょう。

アンゴラフェレットの特徴

ガッチリとした大きな骨格を持ち、大きな体をしており、標準的な成体の体重は1kg~2kgとされますが、オスとメスの体格差が大きくオスは2kg近く、雌は1kg程度のものが多いようです。
毛の長さは、短毛種もいますが長毛種がアンゴラフェレットの特徴で、長くて柔らかいモフモフ・フワフワの毛が気持ちいいですよ。

また、体が大きいと言っても、カナディアン種に比べ、筋肉質ではなくフワフワ・ぷよぷよした体質なので、長くてフワフワな毛と合わせ、とても触り心地の良いフェレットです。

突然変異で生まれ、種が固定化されたアンゴラフェレットはまだ数が少ない希少種なので価格は高めです。
そのため、フェレットファンあこがれの的となっている人気のフェレットです。

アンゴラフェレットの毛足の長さ

①ロングは、長毛でフワフワ・モフモフの手触りの良いフェレットで、通常アンゴラといえばロング種を指します。
他種類の個体に比べると一目瞭然です。
また、毛の長さのみならず、鼻の形が異なり、セミロング、ショートの毛足の種類と違い、鼻毛も生えています。

②セミロングでも一般的なフェレットと比較すれば、被毛はずいぶん長めです。
まれにアンゴラのロング種と見分けがつかない場合もありますが、ロング種のように特殊な鼻の形をしていません。

③ショートでも一般的なフェレットと被毛の長さは同じです。
ロング種とセミロング種との区別を明確にする目的でショートという名称を用いています。

値段は、被毛の長さによって異なり、ショート種は5万円程度で買えますが、セミロング、ロングと被毛が長くなるにつれ人気度も高く、従って価格も高くなります。
セミロング種の中にもロング種とは鼻の形が異なるだけで長毛の個体もおり、ロング種に比べれば低価格なため、ねらい目と言えるかもしれません。

アンゴラロングの上手な飼い方

ロング種の魅力はフワフワ・モフモフの長毛で、寒い時期に触れ合うととても温かく気持ちが良いです。
しかし、長毛のフェレットにとっては、その被毛が立派な防寒仕様になっているため、冬場に暖房具の使用し過ぎで部屋を暖めすぎるとフェレットにとっては暑すぎる室温になりますので注意しましょう。