フェレットの散歩

フェレットの散歩

フェレットと散歩をしてみましょう。
初めての方はその奔放さに驚くことでしょう。
ただその奔放さがフェレットのかわいさであり良いところでもあります。
ですからフェレットの本当の良さは散歩させて初めて分かるのかも知れません。
そのためには散歩させるときの注意点やより良い散歩の仕方をしっかり学ぶべきです。
色々な状況を考えて見ましょう。

ハーネスリードを付ける

散歩の基本中の基本はハーネスリードを付ける事です。
これは逃走しないようにする事もそうですが他人に迷惑をかけない為にも必ず必要です。
もちろん散歩に慣れた上級者であればリード無しでも大丈夫です。
ですが散歩初心者の方はハーネスリードを慣れさせる所から始めるようにしましょう。
そうすれば逃走の確立は減少しますし、万が一逃げられた場合でも格段に捕まえやすくなります。

自転車に注意する

フェレットの目線から言えば自転車は大変大きな物体ですが自転車の側から見ると地面スレスレを歩いているフェレットは非常に見えづらいです。
ですから自転車に轢かれるケースがかなりあります。
また、自転車のブレーキの音にびっくりして思っても無い行動に出てしまうことがあります。
自転車が近づいたときには自分の近くに引き寄せて安全を確保するようにしましょう。

動物に注意する

フェレットを散歩させているといろんな人が寄ってきます。その中には犬を散歩させている人もいます。
犬の飼主は珍しがってフェレットに近づきますがそのときに犬が興奮してしまってフェレットを噛んでしまいます。
一瞬の出来事ですので予期予測をして対応しなければいけません。
その他では鳥類にも襲われる可能性があります。
鳥が近くにいる場合にはしっかり警戒しながら対応しましょう。

夏の散歩

基本的には夏の暑い日には散歩を控えた方が良いでしょう。
フェレットは寒さにはある程度強いですが暑さには大変弱いです。
したがって人間が暑いと感じる日にはフェレットには気温が高すぎます。
さらに、暑く熱された地面の上を歩くのはかなり危険です。
熱されたアスファルトの上などは絶対にやめましょう。

人間

フェレットの散歩をしていると色んな人が寄ってきます。
そのとき安易に触れさせているとフェレットが興奮して他人の手を噛んだりすることがあります。
フェレットに悪気はなく遊ぼうと思っただけでも人は怪我をしてしまいます。
特に子供の場合は何の警戒心も無く触りますので充分に気を付けましょう。

最後に
フェレットを散歩させるときには、周りの環境に充分留意してから行いましょう。
なんの準備もなしに散歩するのはとても危険です。
準備をした上でさらにトラブルになる場合もあります。
楽しい散歩生活が送れるようになりましょう。