フェレットのケージを選ぼう

ケージの種類

フェレットを飼うならば、あると便利なケージは、いくつもの種類があります。
ケージに入れて飼うとなると、大半のケージの中で過ごすこととなり、快適に過ごせるようなケージを選びたいものです。
ケージも様々な種類があり、それぞれにメリットがあります。

・横長タイプ

フェレット用のケージとして、もっとも一般的なタイプです。
トイレを十分に広く確保することができ、エサ場や寝床も設置するスペースが確保出来ます。
飼うとなると、トイレなどを設置しないといけないので、必要な道具を設置できるだけの広さのあるケージを選ぶと良いです。
そのような意味では、横長タイプは、十分に用途を果たしてくれます。

・正方形タイプ

広さはいくつかの種類があり、部屋のスペースに合わせて配置しやすいです。
ただこのようなタイプのケージは、設置できるトイレが限られ、フェレットが粗相する可能性も高いです。

・縦長タイプ

縦に長いケージであり、置ける道具は限られます。
ただ縦に長いので、2階建てや3階建てにすることもでき、フェレットがケージ内で登って遊ぶなどもできます。
縦に長いケージが、複数匹飼うにも良いかもしれません。

ケージを選ぶポイント

・出入り口が大きく高いところにない

フェレットをケージから出すこともあるので、出入り口は大きい方が良いです。
ケージ内を掃除する時にも、フェレットを外に出さないとなりません。
ケージの出入り口は開放する事も多く、高い場所にあると、フェレットが外とケージを移動しにくくなります。
高齢になると動きが鈍くなるので、高いところにあると出入りしにくくなります。

・平坦な床

ケージの床は、網でなく平坦な作りになっている方が良いです。
爪が伸びるのが早い生き物なので、編み目だと爪が引っかかり、怪我をする危険があります。
もしも床が編み目の作りのケージならば、マットを敷くなどして、爪が引っかからないようにしましょう。

・高さより広さがあった方が良い

フェレットは登るのは上手な生き物ですが、降りるのが下手です。
ケージを2階建てや3階建てにしても良いですが、高いところに登れる構造にすると、転落して怪我する危険があります。
部屋に十分に広さを確保できるスペースがあるならば、広いケージを使い、横に動いて遊べるようにした方が良いです。

・壁の編み目は小さい方が良い

ケージとして、犬用を使う方もいますが、犬用のケージは、壁の編み目が広くなっています。
犬であれば多少広い編み目でも出られませんが、フェレットだと通り抜けられることがあります。
そのようなケージを設置すると、フェレットを中に入れても、すぐに外に出てしまいます。
ケージを買うならば、犬用ではなく、フェレット用のケージを買うようにしましょう。