フェレットの遊び方

フェレットの遊び方

フェレットは遊ぶのが大好きです。
1日の大半を寝て過ごしていますが、動き出したら止まりません。
もちろんフェレットが遊びたいように遊ばせてあげるのが一番良いのですがそういうわけにも行きません。
飼主側できちんと対応した上でフェレットにストレスを発散させてあげましょう。

室内で遊ばせる

フェレットを部屋で遊ばせるときにはまず部屋の状況をしっかり把握しましょう。
どんなものにも興味を示すので色んなものが危険になります。
まずは隙間に気をつけましょう。
どんな小さな隙間にも潜り込んでしまいます。
冷蔵庫の下やテレビ台の下や裏、ソファーやクッションの下に潜り込むのも大好きです。
もちろんただ潜り込むだけなら良いですが冷蔵庫の下はホコリだらけだったり、濡れていたりすると感電の可能性もあります。
ホコリを吸うと病気になったり目が悪くなったりする可能性があります。

ソファーの下に潜ったままで気付かないうちに誰かがその上に乗ったりしてしまう危険があります。
ですから、まずフェレットを遊ばせるには何も無い状態の部屋で遊ばせるのが一番良いです。
それが無理ならそこから逆算して部屋にどのような物があってどのように危険なのかを明確にしておきましょう。
隙間があるのならダンボールで塞いだりソファーには本を置いたりして潜らせないようにしましょう。

食いちぎったり、かじったりして壊れるものは誤飲の可能性もあります。
フェレットにとって安全な部屋を作ることが室内で遊ばせる第一歩です。
遊ばせる部屋を作ったらあとは動くおもちゃや音が鳴るおもちゃなどを与えれば自然に遊んでくれます。
但し、その時も目を離さずにしっかりと監視しておきましょう。

屋外で遊ばせるとき

フェレットは屋外で遊ぶのも大好きです。
特に屋外では砂場などを掘らせてあげるとかなり深くまで掘って遊びます。
ですから、ハーネスリードは必需品です。
必ず装着してから屋外に出るようにしましょう。
一旦逃げられると名前を呼んでも戻ってきません。
そして他の人にも迷惑をかけることになります。

ハーネスリードは必ず忘れないようにしましょう。
砂場ではハーネスリードさえしっかり持っておけば後は自由に遊ばせてよいでしょう。
砂を掘ったり、走りまわったりとても自由に楽しみます。
くれぐれも監視だけは忘れずに異物を口に入れたり他の動物の糞を体につけたりした場合には素早く対処するようにしましょう。

そして砂場から帰ったらシャンプーや耳掃除を忘れずにしてあげましょう。
その他屋外では砂と同様に雪も大きな遊び場です。
寒さにはある程度強いのできちんと監視をしておけば大丈夫です。

最後に
最後まで飼主の責任で安全の確保をしてあげて快適な遊び方を提供してあげましょう。