はらのまち動物病院

はらのまち動物病院 とは

はらのまち動物病院は宮城県仙台市にある小動物を中心に取り扱う動物病院です。

開院は平成6年からとかなり長く、地元でもよく知られる専門医療を行う病院となっています。

病院で主に取り扱っている動物は、犬猫の他うさぎやフェレット、ハムスターといったエキゾチック哺乳類に加え、各種鳥類となっています。

これははらのまち動物病院では「みやぎ小鳥のクリニック」が併設されているということもあり、鳥類の中でもセキセイインコやオカメインコといった人気の高い鳥類を数多く診療した実績があります。

来院動物のうち約3割がウサギであるということから、はらのまち動物病院を利用される人の多くが珍しいペットを好む人であるようです。

鳥類については年間3万件を超える診療実績があるとのことなので、宮城県内に住むペット愛好家なチェックしておきたいところでしょう。

病院の強み・得意分野

院内では診療を待つ間の動物たちのストレスを軽減するため、アロマオイルを焚いているというところにこだわりがあります。

また病気などで弱った小動物を安全に保護するための保育器も揃っており、特に鳥類の診察では強みがあります。

ペット用フェレットにもかなり力を入れており、ジャパンフェレット協会(JFA)への加入をおすすめしています。

フェレットの病気診療についても専門分野としているとのことで、普段の生活で感じる疑問などについても丁寧に解説してもらえます。