麻布動物病院

休みは日曜・祝日の午後のみの安心な病院

麻布動物病院に休みの曜日はありません。
ただし、日曜日・祝日の午前中の受診は予約が必要ですので忘れずに。
また、日曜日・祝日の午後は休診ですが、薬の処方、トリミングは予約をすればお願いできます。

病院併設のペットホテルも

麻布動物病院にはペットホテルが併設されており、一般のホテルに比べるとクリニック併設という安心感が心強いです。
ただし預ける前には、獣医師の健康チェックが必要で、これも安心材料の一つなのですが、時間的余裕をもって預けに行く必要があります。

預ける際に、サイト上のウェルネスチェックでの診断書を持参すれば、待ち時間もなく便利ですよ。
また引き取りも診察時間内に行く必要がありますので、時間チェックを忘れずに行きましょう。
なお、フェレットの料金は一泊3,800円で、利用するときは、飼い主の身分証明書、予防接種証明書が求められます。

フェレット達にとっても人間と同様疾病予防がポイント

院長は、フェレットを始めとする小動物の医療に長く携わった経験を有します。
ですので、フェレットがどの様な疾患にかかりやすいかを熟知しています。
フィラリア症やジステンバーなど、感染し発症すれば命に関わる危険のある疾病は少なくありません。
日常から予防意識を持ち、しっかりペットの様子を観察することが重要です。

犬用のワクチンを適切に希釈して接種

現在、日本にはフェレット用に作られたワクチンは存在していません。
しかし、フェレットは犬の伝染病にも感染し、イヌジステンバーにかかれば、フェレットの生存確率は限りなくゼロに近いと言われます。
その予防は犬用のワクチンを用いて的確に希釈して接種すれば予防できます。

また、フィラリア症は寄生虫が原因の疾病で、蚊を媒体としてうつります。
フィラリア虫体はフェレットの心臓や付近の動脈に寄生し、初期の症状は咳が出たり、息切れをしやすかったりします。
重篤化すれば、寄生虫が心臓の弁に絡まってしまいフェレットの命取りとなる恐れもあります。
早期に発見し、早期に受診して治療することが基本です。

フィラリア症は、しっかりと投薬することで予防ができます。
フィラリア予防を怠たると気づかぬうちに感染する例も多く、月に1度の投薬は有効なので、期間中はキチンと投薬してください。
フェレットに対してもジステンバーと同様に、犬用のフィラリア症ワクチンを適切に接種することが有効です。

定期的な健康診断で早期に疾病発見

動物たちは体調が悪くなっても、苦しさを訴えることはできません。
また、自然界を生き抜いてきた習性が濃く残っていますので、我慢強く弱みを見せません。
ですから、飼い主は日頃から良くペットの動きなどの状態を観察しておく事が必要性です。
ただ毎日観察していると、徐々に起こっている変化を見落とす可能性がありますので、定期的に健診を受けて客観的な数値で記録することが必要です。