あおぞら動物病院

船橋にある地域に根差す動物クリニック

船橋市夏見にある「あおぞら動物病院」は船橋の地域に根ざす動物クリニックを目指して開院されましたが、その後スタッフの成長や超音波メスなど医療設備の充実に伴い、習志野市や千葉市等の近隣地域からの患者も増加しています。

診療時間は、午前が9時から12時で、午後が16時から19時です。
診療曜日は、金曜日と祝日がお休みで、日曜日の午後も休診となっています。
診療対象動物は、犬、猫、ウサギ、フェレットほかで、ウサギやフェレットなど小動物の患者も非常に多く来院し、手術や検査を受けています。

近年、ウサギやフェレットの人気は高まってきましたが、専門医が少ないこともあり、特にウサギやフェレットの治療では、遠方からの来院者が多いです。

また、特に高い難易度の治療や高度な専門性を必要とする場合には、無理をせず大学病院や専門医を紹介してくれますので安心で心強いです。
ペットの体調不良や健康診断など、普段から見守ってもらうホームドクターになってもらえればベストですよ。

病院の外観・内観

病院の外観は、陽の当たる明るい待合スペースが確保できるように、大きなガラス窓が採用されており、船橋市場通りから良く見える大サイズの肉球のポールサインですぐに動物クリニックと分かります。
クリニック入口の正面に8台分の駐車スペースがあり、近隣クリーニング屋さんとの共用であるものの、駐車位置は指定されていませんので空いたスペースに置けます。

また、ゆったりしたスペースを持つ広い待合室は陽当たりが良く、明るく清潔なイメージです。
体調不良で神経質になっているペット達もリラックスして診察の順番を待つことが出来ます。

細かい心配りの診察室と充実した医療設備や検査機器

診察室は全部で3つあり、大型犬でも容易に台に乗れるよう、また、小動物が転落事故で却ってけがをしないよう、普通の診察台の2分の1の高さまで調節することが可能です。

充実した検査室には、熟練の検査スタッフが配置されており、生化学検査や顕微鏡検査、尿検査等、多数の検査がクリニック内でできます。
一般的な血液検査であれば最短15分で測定結果が判明し、診察の待ち時間も短縮され、診察もスピーディです。

胃カメラとも呼ばれる内視鏡は最新機種(直径6㎜弱)が採用されており、人が使っても痛みが無いよう工夫された機材は、ペットに与える負担も最小です。
食道・胃の状態確認がよくわかるので、検査目的だけでなく、床材等の異物を誤食したようなケースでも威力を発揮します。

他にも、腫瘍除去用の動物用半導体レーザー、手術室には必需の動物用麻酔モニター、酸素吸入を要する重症動物を高濃度酸素や適切な室温で保護するICU酸素室など、様々な手術や急激な容態変化にも対応できる設備が充実しています。