リンパ腫について

体中のリンパ節で発症する重大な病気

リンパ腫は人間の病名としてもよく聞く非常に重大な疾病の一つです。

私達人間の体内にはリンパ管というリンパ液が流れる管が全身に入っているわけですが、その内部では体が病気にかからないように免疫力を高めるさまざまな機能が行われています。

リンパ液は血液のように筋肉がポンプのように動いて流れるわけではなく、骨格筋の収縮が起こることにより全身に運ばれていきます。

このとき骨格筋が集まる中継点となっているのが「リンパ節」であり、リンパ腫はそうしたリンパ節で起こることがよくあります。

フェレットのリンパ節は頸部や腋窩、縦隔(肺と肺の間)、鼠径部といったところが主な場所です。

またリンパ液が多く流れる臓器である脾臓や肝臓、腸管といった場所、他に骨髄や肺、腎臓といったリンパ組織が多く集まる場所も同じく発症例が多くなります。

リンパ腫は比較的若いフェレットに起こる病気となっており、早い個体では生後4ヶ月くらいから発症してしまうこともあります。

逆にかなり高齢になってから発症する例もあり、生涯を通して気をつけていかないといけない病気です。

リンパ腫の症状

リンパ腫にもいくつかの種類があり、リンパ肉腫やリンパ性白血病など症状によっていくつかに治療方法が分類されていきます。

これは体のどの部分にリンパ腫ができたかということが大きく関係しており、病気細胞が増殖することにより発見の難易度やその後の症状が変化します。

リンパ腫全体に共通している症状としては、元気なくなりあまり動かなくなったり、食欲がなくなりほとんどものを食べなくなってしまうということがあります。

出血や嘔吐といった直接的な症状ではなくなんとなくいつもと様子が違うといったことが初期症状となるので、一般の飼い主さんが自力で早期発見をするのはまず無理と言ってよいでしょう。

病気ではないかと気がつくようになるのはリンパ腫がかなり大きくなってからで、腫瘍のできた箇所が大きく膨らんでくるので明らかに何かがおかしいということがわかってきます。

よくある例としては体表のリンパ節が大きく腫れて肩や脇の下、顎などといった箇所がしこり状になり形が変わります。

内臓部分のリンパ腫はその部分の臓器が正常に機能しなくなるので、下痢や血便、嘔吐といったことが起こるようになったりします。

ひどくなると肺の近くが大きく腫れ上がるので呼吸器が全体的に圧迫され、呼吸困難になって意識を失うこともあります。

若い時期に発症してしまうと腫瘍の拡大もかなり早いスピードで行われるので、数日のうちにあっという間に具合が悪くなりそのまま亡くなるケースもあります。

1歳を過ぎてからの発症になるとやや進行スピードは遅くなるため、少しずつ悪くなっていくというふうに見えます。

リンパ腫の治療と予防

リンパ腫は完全に予防をすることができない病気であるので、できるだけ早期に発見して治療をするということが何よりも大切となります。

リンパ腫が発見されたフェレットは抗癌剤による化学治療を受けることとなりますが、これはかなり肉体に負担をかけてしまうものなので、治療をするかどうかについてはよく獣医師と相談をして決めた方がよいでしょう。

リンパ腫のやっかいなところはリンパ液が全身を巡っていることから、仮に一箇所を治療してもその間にリンパ液が他の部分に運ばれて転移を起こすことがよくあるということです。

ですので一回リンパ腫となってしまってからは一生病気と付き合うことになってしまうなんていうこともよくあります。

そうした転移の可能性の高さはよく知られているので、もし大きなリンパ腫が見つかっても外科手術で取り除くということは今はあまりなされません。

化学療法として投薬などをしてゆき、体内で自然に症状が軽くなっていくのを待つことになります。