インスリノーマについて

インスリン分泌の異常によって起こる病気

インスリノーマはフェレットがかかる病気の中でも特に頻度が高く、また重症化しやすい腫瘍を伴う病気です。

原因となるのは膵臓にあるランゲルハンス島β細胞いうもので、インスリンを分泌するときに組織に腫瘍ができるようになってしまうことから膵島細胞腫瘍と言われることもあります。

人間の体内で分泌される物質としても有名なインスリンですがこれはフェレットにとっても同じで、体内で分泌されることにより血液中の糖質を体内に取り込む働きをしてくれます。

人もフェレットもものを食べた時には一時的に血糖値が高まりますので、それを沈静化するために多くのインスリンが分泌されていきます。

インスリンが血液中の糖質を分解することでエネルギーが生まれ、数値が低下していくことで少しずつインスリン分泌量がおさまり再び体内の状態が食事前の状態に落ち着きます。

しかしインスリノーマにかかってしまうとこの血糖値に合わせてインスリン分泌量が増えたり減ったりするという機能が損なわれ、常に大量のインスリンが分泌され続けることになります。

その結果血液中の糖質がどんどん減っていくので低血糖の状態が引き起こされ、ぐったりして立ち上がることができなくなってしまったり、トイレに行くことができずに垂れ流したままずっと横になっているというようなことも起こります。

長くこの状態が続くと後に治療をしても後遺症が残ってしまうこともあるので早期発見と早期治療が最も大切です。

インスリノーマの治療

フェレットのインスリノーマが最も多く発症されるのはだいたい4~5歳くらいの間です。

そのため動物病院での定期検査では空腹時に血液検査を行い低血糖状態になっていないかということを調べます。

インスリノーマは悪性新生物と異なり別の部位に転移をしたり範囲が拡大したりするということはないのですが、一度なってしまうと体質的にくせになってしまうことがあり、手術によって病巣を除去しても数年後に再発してしまったりします。

インスリノーマとして診断されたフェレットは患部である腫瘍を外科手術で取り除くか、もしくは投薬により血糖値を正常にするための治療を行います。

患部を除去した場合には一時的にでも回復をすることができますが、投薬治療の場合にはあくまでも対処療法として外部からインスリン分泌量をコントロールすることになります。

症状が軽いうちは発作が起こったときにガムシロップなど糖分をあたえてあげることで回復をすることができます。

しかし継続的に糖分を与えるということは長期的には虫歯やその他の症状を引き起こす可能性があるため、投薬のかわりとして行うのはおすすめできません。

糖分を直接与えるのはあくまでも発作を起こして緊急の事態になってしまっている場合のみとし、与えるときには歯肉にすりこむようにして飲み込ませないようにしましょう。

普段の食生活から予防をしていく

インスリノーマを完全に防ぐことは難しく、これをしたら絶対に大丈夫ということはありません。

ですが人間における糖尿病と同じく、生活習慣が間接的な原因となってしまうことはよくあります。

普段から食事にでんぷん質の高い炭水化物を多く与えてしまっていると起こりやすくなるという研究もあるので、きちんとフェレット用の餌を選んで与えるようにしなければいけません。

フェレットは基本的には肉食なので、タンパク質の高い食事こそが最も健康によい食事内容となります。

重度のインスリノーマになると昏睡や痙攣などわかりやすい症状になりますが、軽いうちは全く症状が出ないため知らずにどんどん進行していくということもよくあります。

繰り返しになるますが必ず定期検診を受け、早めに発見ができるように気をつけてあげてください。