フェレットが気をつけるべき病気

フェレットが注意しておいたほうが良い病気としてジステンパーを挙げました。
そして人間のインフルエンザは感染する可能性があるということも理解しておくと良いでしょう。ジステンパーは100%志望する病気に対し、インフルエンザは致死率は低くなります。
フェレットがきをつける病気は他にもあるのでしょうか。
今回はフェレットが気をつけておきたい病気を紹介しておきます。
まずは狂犬病です、狂犬病に感染した動物から噛まれて狂犬病に感染というルートです。

狂犬病

感染すると最初は元気がなくなりますが、その後、いきなり凶暴化して最後は全身麻痺を起こして死ぬことになります。
人間でも死ぬ例はあります。アジアでは死んでいる人がいます。
ちなみにフェレットが狂犬病に感染した場合、必ず死んでしまう恐ろしい病気になるのです。

アメリカではフェレットの狂犬病感染例が報告されているということもあります。
ですが、フェレット向けの予防接種が開発されていないので、感染している動物に接しないようにするという方法しかないのです。
他にもフェレットの場合、副腎の異常や疾患というものもあります。
副腎はフェレットにとってホルモンを分泌するところなのですが、過剰分泌などで色々と症状が出てきてしまうことがあるそうです。
脱毛などがあったりします。

その他の症状

他にも色々と症状が出るみたいですが原因としては生まれて間もない時期に臭腺と生殖器を取る手術をしているのが原因という見方が大きいです。
手術によって肥大した副腎を摘出したり、薬を使った内科的療法などをしたりと状況に合わせて治療をすることになると思います。
他の病気ではグリーンウイルス感染症があります。
コロナウィルスが原因という説が強いのですが、感染率が90%と高い疾患です。

死亡率は5%ぐらいといわれているので、冷静に対処してあげましょう。
感染すると緑色の下痢をして発熱や嘔吐という症状が出るケースが多いみたいですが、血便や脱水症状のような重篤な場合は獣医に相談をしましょう。
この疾患の場合、体力のあるフェレットの場合、ちょっと体調が悪いという症状だけというフェレットもいるみたいです。
他にもしっぽに出来る腫瘤の脊索腫やパルボウイルスが原因ではないかといわれているアリューシャン病。

慢性的に低血糖になってしまうインスリノーマ、赤血球が破壊されておきてしまう溶血性貧血といった色々な原因での疾患がフェレットにはあるということがわかると思います。
普段、元気であればそれで良いのですが、フェレットを飼っているのであればできれば知っておくと良い情報でもあるでしょう。
これらの病気について、詳しく調べてみて、どんな病気なのか、そしてどのような対処法なのかということが判ると思いますので、時間があるときにでも詳しく病気について調べてみてください。
そしてフェレットがいつまでも元気でずっと生き続けることができるようにサポートして一緒に生活をしてあげてください。