フィラリア検査について

犬でよく起こる心臓の病気

フィラリアは犬の病気としておなじみの病名です。

犬によく起こる病気であることから「犬糸状虫症」と呼ぶこともあります。

フィラリアの原因は室内に飛来する蚊で、病原菌を持つ個体の間で蚊が移動することにより感染が起こります。

犬の病気と並びフェレットがかかる症状としてもかなりありふれたものであり、気がついたときにはかなり重度に進行してしまっていたということもよくあります。

フィラリアというのは寄生虫の一種であり、感染するとその動物の血中にフォラリアの子虫であるミクロフィラリアが流れるようになります。

ミクロフィラリアは血管を通って最終的に心臓に入り込み、成虫になると心臓の前大静脈や右心室、肺動脈にあたりに寄生します。

成虫となったフィラリアは心臓内にとどまることから極端に新機能が衰えてしまいます。

フィラリアという病気の怖いところは一匹だけの感染にとどまらないということです。

ミクロフィラリアは非常にサイズが小さく、体長はわずか300μミリとなっています。

それが体内に入り込み成虫になっていくことで最終的にはオスなら10~20cmくらい、メスなら25~30cmという非常に大きなサイズになります。

成虫となったフィラリアは子供を産み、それがどんどん増えて心臓に大量に寄生するということになります。

フィラリア検査が勧められない理由

フェレットは体が小さい動物なので、心臓の大きさもわずかに2.5cmくらいが平均的なサイズです。

ですので仮に1~2匹のフィラリアであっても感染が起こることで深刻な健康への被害が起こってしまいます。

完全に成虫になってしまってからでは治療することが難しいので、早めに検査をして発見してあげることが重要になってきます。

しかし動物病院によってはあまり積極的にフィラリア検査を勧めてこないケースもあります。

これはフィラリアはミクロフィラリアの状態の時には発見が非常に難しく、検査をしても見つけることができないということがよくあるためです。

実際きちんと検査をしたにもかかわらず、後日感染がわかり深刻な症状になってしまったフェレットもいます。

ですので今はフィラリアが実際に寄生しているかどうかにかかわらず、予防薬を先に飲むことで早めに体内のフィラリアを殺し外に出すという治療方法が取られています。

フィラリアが最も多く発生するのは蚊が多く飛び交うようになる夏の時期で、初夏から秋にかけの時期では月に一度くらいはフィラリア駆除薬を処方してもらい服用することがすすめられます。

病気でもないのに薬を飲むのは副作用が気になるという飼い主さんもいますが、いまのところフィラリア予防薬によって著しく健康を害したというフェレットの症例はありません。

成虫になってから駆除をするのは危険なことも

フィラリアには予防薬とともに成虫になったものを駆除するための薬があります。

基本的にはフィラリアの治療は服用をすることにより体外へ追い出すという方法ですが、既に十分に巨大化してしまっているフィラリアの場合、薬で殺して追いだそうとしても体が大きすぎるためうまく体外に運ばれず体内に引っかかって取れなくなることもあります。

悪い時には死んだフィラリアが血管をつまらせてしまい、それが別の病気のもとになってしまいます。

フェレットの場合屋外に連れ出すということはあまりないかもしれませんが、一緒に犬を飼っているという場合などには屋外がら持ち込まないようにきちんと対処をしていくようにしましょう。

また最近フェレットがどうも元気がない、疲れていてだるそうにしている、息苦しそうといった症状が見られたらかなり大きくなっていることが考えられるのでしっかりフィラリア検査をしてください。