フィラリア検査について

犬でよく起こる心臓の病気

フィラリアは犬の病気としておなじみの病名です。

犬によく起こる病気であることから「犬糸状虫症」と呼ぶこともあります。

フィラリアの原因は室内に飛来する蚊で、病原菌を持つ個体の間で蚊が移動することにより感染が起こります。

犬の病気と並びフェレットがかかる症状としてもかなりありふれたものであり、気がついたときにはかなり重度に進行してしまっていたということもよくあります。

フィラリアというのは寄生虫の一種であり、感染するとその動物の血中にフォラリアの子虫であるミクロフィラリアが流れるようになります。

ミクロフィラリアは血管を通って最終的に心臓に入り込み、成虫になると心臓の前大静脈や右心室、肺動脈にあたりに寄生します。

成虫となったフィラリアは心臓内にとどまることから極端に新機能が衰えてしまいます。

フィラリアという病気の怖いところは一匹だけの感染にとどまらないということです。

ミクロフィラリアは非常にサイズが小さく、体長はわずか300μミリとなっています。

それが体内に入り込み成虫になっていくことで最終的にはオスなら10~20cmくらい、メスなら25~30cmという非常に大きなサイズになります。

成虫となったフィラリアは子供を産み、それがどんどん増えて心臓に大量に寄生するということになります。

フィラリア検査が勧められない理由

フェレットは体が小さい動物なので、心臓の大きさもわずかに2.5cmくらいが平均的なサイズです。

ですので仮に1~2匹のフィラリアであっても感染が起こることで深刻な健康への被害が起こってしまいます。

完全に成虫になってしまってからでは治療することが難しいので、早めに検査をして発見してあげることが重要になってきます。

しかし動物病院によってはあまり積極的にフィラリア検査を勧めてこないケースもあります。

これはフィラリアはミクロフィラリアの状態の時には発見が非常に難しく、検査をしても見つけることができないということがよくあるためです。

実際きちんと検査をしたにもかかわらず、後日感染がわかり深刻な症状になってしまったフェレットもいます。

ですので今はフィラリアが実際に寄生しているかどうかにかかわらず、予防薬を先に飲むことで早めに体内のフィラリアを殺し外に出すという治療方法が取られています。

フィラリアが最も多く発生するのは蚊が多く飛び交うようになる夏の時期で、初夏から秋にかけの時期では月に一度くらいはフィラリア駆除薬を処方してもらい服用することがすすめられます。

病気でもないのに薬を飲むのは副作用が気になるという飼い主さんもいますが、いまのところフィラリア予防薬によって著しく健康を害したというフェレットの症例はありません。

成虫になってから駆除をするのは危険なことも

フィラリアには予防薬とともに成虫になったものを駆除するための薬があります。

基本的にはフィラリアの治療は服用をすることにより体外へ追い出すという方法ですが、既に十分に巨大化してしまっているフィラリアの場合、薬で殺して追いだそうとしても体が大きすぎるためうまく体外に運ばれず体内に引っかかって取れなくなることもあります。

悪い時には死んだフィラリアが血管をつまらせてしまい、それが別の病気のもとになってしまいます。

フェレットの場合屋外に連れ出すということはあまりないかもしれませんが、一緒に犬を飼っているという場合などには屋外がら持ち込まないようにきちんと対処をしていくようにしましょう。

また最近フェレットがどうも元気がない、疲れていてだるそうにしている、息苦しそうといった症状が見られたらかなり大きくなっていることが考えられるのでしっかりフィラリア検査をしてください。

リンパ腫について

体中のリンパ節で発症する重大な病気

リンパ腫は人間の病名としてもよく聞く非常に重大な疾病の一つです。

私達人間の体内にはリンパ管というリンパ液が流れる管が全身に入っているわけですが、その内部では体が病気にかからないように免疫力を高めるさまざまな機能が行われています。

リンパ液は血液のように筋肉がポンプのように動いて流れるわけではなく、骨格筋の収縮が起こることにより全身に運ばれていきます。

このとき骨格筋が集まる中継点となっているのが「リンパ節」であり、リンパ腫はそうしたリンパ節で起こることがよくあります。

フェレットのリンパ節は頸部や腋窩、縦隔(肺と肺の間)、鼠径部といったところが主な場所です。

またリンパ液が多く流れる臓器である脾臓や肝臓、腸管といった場所、他に骨髄や肺、腎臓といったリンパ組織が多く集まる場所も同じく発症例が多くなります。

リンパ腫は比較的若いフェレットに起こる病気となっており、早い個体では生後4ヶ月くらいから発症してしまうこともあります。

逆にかなり高齢になってから発症する例もあり、生涯を通して気をつけていかないといけない病気です。

リンパ腫の症状

リンパ腫にもいくつかの種類があり、リンパ肉腫やリンパ性白血病など症状によっていくつかに治療方法が分類されていきます。

これは体のどの部分にリンパ腫ができたかということが大きく関係しており、病気細胞が増殖することにより発見の難易度やその後の症状が変化します。

リンパ腫全体に共通している症状としては、元気なくなりあまり動かなくなったり、食欲がなくなりほとんどものを食べなくなってしまうということがあります。

出血や嘔吐といった直接的な症状ではなくなんとなくいつもと様子が違うといったことが初期症状となるので、一般の飼い主さんが自力で早期発見をするのはまず無理と言ってよいでしょう。

病気ではないかと気がつくようになるのはリンパ腫がかなり大きくなってからで、腫瘍のできた箇所が大きく膨らんでくるので明らかに何かがおかしいということがわかってきます。

よくある例としては体表のリンパ節が大きく腫れて肩や脇の下、顎などといった箇所がしこり状になり形が変わります。

内臓部分のリンパ腫はその部分の臓器が正常に機能しなくなるので、下痢や血便、嘔吐といったことが起こるようになったりします。

ひどくなると肺の近くが大きく腫れ上がるので呼吸器が全体的に圧迫され、呼吸困難になって意識を失うこともあります。

若い時期に発症してしまうと腫瘍の拡大もかなり早いスピードで行われるので、数日のうちにあっという間に具合が悪くなりそのまま亡くなるケースもあります。

1歳を過ぎてからの発症になるとやや進行スピードは遅くなるため、少しずつ悪くなっていくというふうに見えます。

リンパ腫の治療と予防

リンパ腫は完全に予防をすることができない病気であるので、できるだけ早期に発見して治療をするということが何よりも大切となります。

リンパ腫が発見されたフェレットは抗癌剤による化学治療を受けることとなりますが、これはかなり肉体に負担をかけてしまうものなので、治療をするかどうかについてはよく獣医師と相談をして決めた方がよいでしょう。

リンパ腫のやっかいなところはリンパ液が全身を巡っていることから、仮に一箇所を治療してもその間にリンパ液が他の部分に運ばれて転移を起こすことがよくあるということです。

ですので一回リンパ腫となってしまってからは一生病気と付き合うことになってしまうなんていうこともよくあります。

そうした転移の可能性の高さはよく知られているので、もし大きなリンパ腫が見つかっても外科手術で取り除くということは今はあまりなされません。

化学療法として投薬などをしてゆき、体内で自然に症状が軽くなっていくのを待つことになります。

インスリノーマについて

インスリン分泌の異常によって起こる病気

インスリノーマはフェレットがかかる病気の中でも特に頻度が高く、また重症化しやすい腫瘍を伴う病気です。

原因となるのは膵臓にあるランゲルハンス島β細胞いうもので、インスリンを分泌するときに組織に腫瘍ができるようになってしまうことから膵島細胞腫瘍と言われることもあります。

人間の体内で分泌される物質としても有名なインスリンですがこれはフェレットにとっても同じで、体内で分泌されることにより血液中の糖質を体内に取り込む働きをしてくれます。

人もフェレットもものを食べた時には一時的に血糖値が高まりますので、それを沈静化するために多くのインスリンが分泌されていきます。

インスリンが血液中の糖質を分解することでエネルギーが生まれ、数値が低下していくことで少しずつインスリン分泌量がおさまり再び体内の状態が食事前の状態に落ち着きます。

しかしインスリノーマにかかってしまうとこの血糖値に合わせてインスリン分泌量が増えたり減ったりするという機能が損なわれ、常に大量のインスリンが分泌され続けることになります。

その結果血液中の糖質がどんどん減っていくので低血糖の状態が引き起こされ、ぐったりして立ち上がることができなくなってしまったり、トイレに行くことができずに垂れ流したままずっと横になっているというようなことも起こります。

長くこの状態が続くと後に治療をしても後遺症が残ってしまうこともあるので早期発見と早期治療が最も大切です。

インスリノーマの治療

フェレットのインスリノーマが最も多く発症されるのはだいたい4~5歳くらいの間です。

そのため動物病院での定期検査では空腹時に血液検査を行い低血糖状態になっていないかということを調べます。

インスリノーマは悪性新生物と異なり別の部位に転移をしたり範囲が拡大したりするということはないのですが、一度なってしまうと体質的にくせになってしまうことがあり、手術によって病巣を除去しても数年後に再発してしまったりします。

インスリノーマとして診断されたフェレットは患部である腫瘍を外科手術で取り除くか、もしくは投薬により血糖値を正常にするための治療を行います。

患部を除去した場合には一時的にでも回復をすることができますが、投薬治療の場合にはあくまでも対処療法として外部からインスリン分泌量をコントロールすることになります。

症状が軽いうちは発作が起こったときにガムシロップなど糖分をあたえてあげることで回復をすることができます。

しかし継続的に糖分を与えるということは長期的には虫歯やその他の症状を引き起こす可能性があるため、投薬のかわりとして行うのはおすすめできません。

糖分を直接与えるのはあくまでも発作を起こして緊急の事態になってしまっている場合のみとし、与えるときには歯肉にすりこむようにして飲み込ませないようにしましょう。

普段の食生活から予防をしていく

インスリノーマを完全に防ぐことは難しく、これをしたら絶対に大丈夫ということはありません。

ですが人間における糖尿病と同じく、生活習慣が間接的な原因となってしまうことはよくあります。

普段から食事にでんぷん質の高い炭水化物を多く与えてしまっていると起こりやすくなるという研究もあるので、きちんとフェレット用の餌を選んで与えるようにしなければいけません。

フェレットは基本的には肉食なので、タンパク質の高い食事こそが最も健康によい食事内容となります。

重度のインスリノーマになると昏睡や痙攣などわかりやすい症状になりますが、軽いうちは全く症状が出ないため知らずにどんどん進行していくということもよくあります。

繰り返しになるますが必ず定期検診を受け、早めに発見ができるように気をつけてあげてください。