フェレットに噛まれたとき

フェレットを飼いはじめたときによくあるトラブル

フェレットを自宅に迎え入れるときにはまず最初にいくつかのしつけをしていかないといけません。

トイレの場所や寝る場所を教えるとともに、人と一緒に暮らしていく上で必要になるいくつかのルールを教えていくようにします。

そんなしつけをするときに必ずと言ってよいほど経験するのがフェレットからの噛みつきです。

飼いはじめの頃のフェレットは何かとよく人に噛みつくという行動をしてきます。

あまりにも頻繁に咬み付かれるので飼い主さんの方がフェレットに嫌われてしまっていて攻撃を受けているのではないかと思ってしまうこともあります。

ですがフェレットが噛みつく理由は必ずしも敵愾心を抱いているからというわけではありません。

フェレットが噛みつく理由としては、「不安や恐怖」「驚き」「体調がすぐれない」「歯が生え変わっていてかゆい」「空腹を感じている」ということが挙げられます。

特に飼い始めの頃によく見られる噛みつきは「不安や恐怖」を感じているからということがほとんどです。

フェレットだけでなく犬やネコなども子供の時期にはしばしば飼い主に噛み付いたりしてくるものですが、これは新しい環境に慣れずストレスを感じてしまっているがために手近にいる人に対して攻撃的な行動をとってしまうのです。

噛まれた時にはきちんと叱る

子供の時期のフェレットは力も弱いので咬まれたからといってすぐにひどい怪我をしてしまうということはありません。

ですがもし咬み付かれてしまった場合には冷静に引き剥がし、悪いことをしたのだということを教えるために「ダメ!」といった叱る言葉をかけます。

子フェレットに咬み付かれた時には飼い主さんの中には機嫌をとろうとしてお気に入りの餌やおやつを与えてしまうという人もいます。

しかしこれは大きな間違いで、噛み付いたときにおいしい餌をもらえるということを経験してしまうとそのフェレットにとって「飼い主に噛みつく=餌がもらえる」という誤った記憶を植え付けてしまうことになります。

こういう時の動物の学習はかなり早いので、たった一度だけであってもそれをしてしまったために次から大した理由がなくてもどんどん噛みつきにきてしまうということもあります。

咬み付かれたときには首筋を掴んで引っ張ればすぐにフェレットは離れてくれるので、厳しく叱るということを何度も繰り返し教えていきましょう。

ただし厳しく教えるといっても咬み付かれた時に逆に頭をひっぱたいたり鼻先を弾いたりといった暴力を加えることもやってはいけません。

暴力を伴った調教は確かに効果的なこともありますが、それをしてしまうことでフェレットとの信頼関係が崩れペットとしてのパートナーではなく一方的な主従関係として理解してしまいます。

咬まれたらその理由も詳しく考える

それまで比較的おとなしかったフェレットがある日突然咬みついてきたということもよくあります。

このとき考えられるのが怪我や病気などによって体内の調子がおかしく、具合が悪い時に飼い主から触られたくないと思っての行動です。

私達も病気や怪我でひどくつらいときにはあまり他の人に話しかけられたりされたくないものですが、フェレットも同じように感じています。

むしろ言葉を話すことが出来ないフェレットだからこそ、噛みつくという行動により自分の体調の悪さをメッセージとして伝えているというふうにも言えます。

咬みついた後のフェレットは一旦体を引き離し、ケージの中に入れてしばらく放置する「タイムアウト」という方法が有効です。

この間かごの中で具合が悪そうにしていないか、体を丸めてできるだけ動かないようにしていないかといったことを観察してみましょう。

体調が悪いというとき以外にも、お腹がひどく空いていたり遊びをしたくてじゃれて咬みついているということもあります。

普段からよくフェレットのことを観察しておけば、いつもと違った行動をしたときにどうしてそんなことをしたのかということをも予想しやすくなります。

フェレットのトイレ

トイレのしつけ

bf416c3f357b51780d744ccd26aa2585_sフェレットを飼う時、初めて家に到着して感動のご対面。
大抵のフェレットはベビーの時にペットショップから購入して連れて帰る事になるので、ご対面の時にはついつい、顔がにやけてしまうことでしょう。
フェレットのベビーの顔ってちょっとコロコロ、こてこてで大好きです。
何という可愛さなんだと思っているのも良いのですが、ここからトイレトレーニングをするようにします。
飼い主さんがしっかりとトイレをしてほしい所を教えてあげるようにしましょう。
ケージの中でトイレはまず教えるようにします。

トイレと判るように排泄物をちょっと置いておいてあげるとトイレだと判別するようになります。
トイレでしっかりとフェレットが排泄できた時にはしっかりとほめてあげるようにします。
意外に判っていないようで判っていますので、ほめるということは大事です。
フェレットの習性として結構わかりやすいのですが、起きてから10分ぐらいの間にトイレをすることが多いです。このときに、飼い主さんが見てあげればいいのです。
角に向かって後ろにズズズって下がっていった時はトイレなので、違う場所にしようとしたらトイレに連れて行ってあげましょう。

小さいときはトイレを大きめに余裕を取ってあげてトイレを覚えさせてあげると良いです。
フェレットの場合、トイレを覚えるとちゃんとそこでトイレをします。
その後、徐々にお部屋を開放する時もサークルなどを利用して少しづつでいいので行動していく範囲を大きくしていってあげると良いでしょう。
このときに、フェレットにとっては角がトイレの候補地となりますので角を色々となくす工夫が必要かもしれません。
それか、お部屋で遊んでいる時には念のため危険そうな角にはあらかじめペットシーツなどを敷いておくという対策を採っておいたり、トイレを増設しておくという方法もあります。

お勧めの砂

トイレの砂を食べてしまうという子に対してはグッドミューズという砂がおすすめです。苦味のある砂なのですぐにやめるようになります。
もし仮に布をかじる癖が出てしまった場合にはビターアップルという商品を使ってやめさせましょう。
苦味の効果でかじらなくなってくると思いますしペットシーツをまさかかじることはないと思いますが、かじるようであれば同様にビターアップルを使ってしつけをしてみてください。
こうやって徐々にしつけてトイレのしつけをするようにします。

家の場合は、最初、角をなくすようにしていたのですが、色々とモノを置いていくうちに更に新しい角が登場。
みたいな状況できりがなかったので、思い切って角にペットシーツを敷いてテープとかで固定してます。
このほうが危険な角が少数で収まるよう出す(家の場合)。

しかも、家の場合は、小さいフェレットの状態で来たのはポンだけです。
他の子は大きくなってからうちに来て、トイレはどうなんだろうと心配していたのですが、角にする癖が出来ていたので一安心という感じでした。
小さいフェレを迎える人はトイレトレーニング、頑張ってみてください。