くらた動物病院

くらた動物病院 とは

くらた動物病院は神奈川県川崎市にある、フェレット診療をメインとするところに特徴がある動物病院です。

犬猫の診療をメインとしながら場合によってはフェレットも受け付けるという病院がほとんどである中、はっきりとフェレット診療をメインにしていることをうたっているこのくらた動物病院は大変珍しい存在であると言えます。

その他にもウサギやチンチラ、ハムスターやモルモットなどの小型の哺乳類もあつかっているとのことですが、やはりメインの動物としているのはフェレットであり、院内機材もフェレット特有の病気に備えるものを中心にしています。

フェレットを飼育している飼い主さんにとって安心して診療を任せることができる数少ない病院なので、ぜひかかりつけの医院として利用してみてもらいたいです。

初めて利用をする場合には問診票を記載しますが、この台紙は公式ページからダウンロードをすることができるようになっています。

内容はもちろフェレット専門のものなので詳しく観察をして正しく様態を伝えるようにしていきましょう。

病院の強み・得意分野

フェレットを愛好する人におすすめなのが「国際フェレット協会」への加入です。

国際フェレット協会はフェレットを飼育している人であれば誰でも入会できるシステムとなっており、申し込みをすることで会員証を発行してもらえます。

くらた動物病院ではこの国際フェレット協会に入会している人に対し、会員証の提示があると診療にかかる費用の10%を割り引きするというサービスを行っています。

病院へのアクセスは、東急田園都市線の高津駅から徒歩で約3分という距離にあります。

自動車で訪れる場合は府中街道から国道246号線に入ってすぐのところにあり、近くにあるコインパーキングを使って駐車ができます。

きりがおか動物病院

きりがおか動物病院 とは

きりがおか動物病院は、横浜市緑区にある小動物を主にあつかう動物病院です。

主な対象動物は犬やネコ、ウサギやフェレット、ハムスターといった小型の哺乳類が中心となっています。

その他の動物についても問い合わせをすれば診療を受け付けてくれるそうで、過去にはプレーリードッグやフェネック、モモンガといったかなり珍しい動物も診療した経験があるのだそうです。

病院のコンセプトとなっているのは犬猫の1~1.5次診療を行うこととと、エキゾチック哺乳類の専門医療を行うということです。

患者さんの視点に立った丁寧なインフォームドコンセントも心がけているとのことで、初めての動物病院という人にとっても安心して受診をしていくことができます。

犬やネコに対しての診療をするのは当然として、このきりがおか動物病院ではフェレットやウサギなどのその他の哺乳類にもかなり力を入れているようで、病院配布のパンフレットではそうしたペット向けの動物によくある病気について解説をしてくれています。

病院の強み・得意分野

きりがおか動物病院の大きな特徴となっているのが、病院内で飼育しているフェレットたちです。

院内にいるフェレットたちは病気や怪我で運ばれてくるフェレットに対して新鮮な血液を輸血するために飼育をされているといいます。

これまでもずっとフェレットを飼育し健康な状態からの血液供給ができるようにしてきたのだそうで、引退後はスタッフに引き取られて余生を過ごしているとのことです。

マスコットキャラクターとしても病院の紹介にもしばしば登場しています。

病院を訪れたときには「受付フェレット」としてお出迎えをしてくれているので、毎回の通院にちょっとした癒やしを与えてくれますね。

院内設備としては診察室が2つとレントゲン室、それに犬猫用の入院ケージがあります。

診療設備には血球計算器や遠心分離器、生化学検査気といった珍しい血液や体液を検査・治療する機器が揃えられています。

病院へのアクセスは電車の場合はJR横浜線の十日市場駅で下車し、バス停から若葉台中央行きに乗って移動します。

どちらかというと車で訪れる方が便がよく、東名高速横浜町田インターチェンジから約5分で到着できます。

まるこ未来動物病院

まるこ未来動物病院 とは

まるこ未来動物病院は大田区下丸子にある動物病院です。

主な診療対象動物は犬・ネコ・フェレットで、その他にも予約次第でウサギやハムスターを診てもらうことができます。

これまでの診察実績では観賞魚や鳥などを診たこともあり、それぞれのペットによくある病気についても熟知されています。

公式サイトからは珍しい動物にもよくある症状や対応方法などが紹介されているので、実際に予約をするよりも前に目を通しておくとかなり勉強になります。

院内にある設備としては、CRや超音波診断気、心電モニター、内視鏡、レーザー治療器、血液検査機器類などかなり多数の機材がそろっています。

機材が揃っていることにより、同じ治療や検査をするときによりペットの体に負担をかけない方法をとることができるというのが大きなメリットと言えます。

院長の金川さんはこのまるこ未来動物病院を開業して既に11年めとなるベテランで、獣医師5人と看護師3人という動物病院にしてはかなり規模の大きな運営をしています。

病院の強み・得意分野

まるこ未来動物病院の大きな強みとなっているのが、それぞれのペットのホームドクターとなることを目指しているという点です。

ホームドクターとはそのペットにとってのかかりつけ医ということで、飼い主さんに症状やこれからしようとする治療の内容を丁寧に説明してくれるとともに、ペットにとってより負担のない方法を提案してくれます。

こうしたかかりつけの医師はお互いの信頼関係がないとできないことなので、まずはペットを飼いはじめた時に最初の検査を受けに行き、そこでじっくり話をしてみることをおすすめします。

また他の動物病院では比較的後回しの扱いとなっていることが多いフェレットについて、犬やネコに次いで積極的に受け入れてくれるというのも大きな特徴です。

フェレットは人気が高いペットとなっている一方で意外にきちんと診療することができる動物病院の数は少なく、選ぶときに苦労をしてしまうこともあります。

フェレットの診療経験も豊富なので気になることについても気軽に相談をすることができますね。

まるこ未来動物病院へのアクセスは東急多摩川線下丸子駅から徒歩4分となっており、都道111号線にそって歩いていくと比較的すぐに看板を見つけることができます。